ここ数年ほど、日本で異様な盛り上がりを見せているイベントの一つになったハロウィン

経済効果を狙った企業の策略が裏で働いてるんだろうな… 

なんて、

ちょっぴりやらしいことを考えしまう mujikaです。^^

数年前の話しになりますが、10/31に変なお面を被った幼稚園児たちが急に訪ねてきたきたことがありました。(その中にうちの子も入ってましたけどね)

大慌てでキッチン上の棚をあさり、1人1人にお菓子を束ねて渡したことがあるんです。

子供たちは、もらったお菓子を玄関先ですぐさま開け、

「 なんじゃこれは~ !! 爆笑 」と、大きな声で楽しそうに笑ってるのが聞こえました。

その時あげたものは、クッキー、酢昆布、梅の飴でした。

家に持ち帰ったら、きっとお母様に見せるんでしょうね。

酢昆布も。

ああ、ハロウィン用の可愛いお菓子をちゃんと用意しておくべきだったと、ちょっぴり恥ずかしい思いをした記憶がのこってます。(´;ω;`)

話を元に戻します。

それでは、なぜハロウィンにお菓子を配るのか知ってますか?

スポンサーリンク

日本でも、ハロウィンシーズンになると街なかのショッピングモールやテーマパークなどでお菓子を配ってる姿を見かけるようになりましたよね?

このお菓子をくばるという習慣は、海外では当たり前らしいのです。

日本では企業が絡んだキャンペーン的な要素もあるのですが、海外では誰しもが当たり前のように楽しむイベントになってます。

それも、大人が子供へお菓子を大量に配るのです。

それには、あげる条件として、

子供達は必ず仮装をしてお菓子をもらいにいくことになってます。

どのような仮装をするのかというと、一般的には悪魔やお化けの仮装をしているようです。

その理由は、子供がお化けや悪魔の役目になっているからです。

仮装をした子供達が近所の家に訪問し、その家の住民に向かって

ハロウィンの合言葉 「 トリック・オア・トリート 」というフレーズを発します。

この言葉を受け取った大人は、子供達に大量のお菓子を渡すんです。

この、「 トリック・オア・トリート 」という言葉は、「お菓子をくれないと悪さをするぞ」と言う意味になります。

つまりは、子供を悪魔(おばけ)と見立て、お菓子をあげてさってもらわないと災いが起きるという一種の厄払い的な要素があるんですね。

ハロウィンの由来とは

海外では、ハロウィンは伝統のある儀式です。

もともとは、秋の収穫を祝い感謝をし、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。

その発祥は、古代ヨーロッパに居たケルト人とされてます。

ケルト人の一年の終わりは、10月31日とされていて、その日に秋の収穫を祝う収穫祭が行われていました。

日本で例えるなら、お正月の行事みたな感じですね。

しかし、日本の正月休みとケルト人の収穫祭が決定的にちがうのは、後者には悪霊が訪れると信じられていたのです。

収穫祭に悪霊もやってくるなんて、なんとも複雑ですが、ケルト人は、収穫祭と悪霊を払う儀式の両方を10月31日に行っていたんです。

その後、キリスト教徒がケルト民族を侵略し、その収穫祭と悪霊退散の儀式を取り入れたのが、今でいうハロウィンとされてます。

現代になって、子供と大人が楽しめる大きなイベントにかわっていったということですね。

それにしても、今の日本がやってるような、大人がコスプレをして騒ぐのとは、かけ離れてるかななんて思いますよね。^^

スポンサーリンク
さいごに

日本ではこういった習慣がまだ根付いてないので、10/31に知らない子供に突撃訪問されたら、正直な話びっくりしますよね。

mujikaが住んでる場所では、地域交流の一環として、ハロウィンが始まる10日前くらいから公園の壁とか、民家の壁にポスターが貼りだされるんです。

そこには、ハロウィン( 10/31 ) に子供達が訪ねてきたら、お菓子のプレゼントをして楽しみましょう。

といった感じの文言が書かれていました。

このことを近所のおばあちゃんに話をうかがったことがあるんですが、ニコニコと楽しそうに、「どんなお菓子を用意しとこうか?」となんとも楽しそうに待ってる様子が印象的でした。^^

こういった取り組みをする地域がどんどん増えると、地域の活性化にも繫がっていくんじゃないかなと思いました。

スポンサーリンク