「はい、前回の1話に続き、2話目も録画したものを観ました。」←上の育三郎のTweetに返答したていで書いてみました。

ここ関西では、深夜、丑三つ時での放送なので、いたしかたないのです。

それでは先ほど観た【あいの結婚相談所 2話】の感想を主観で書きとめたいと思います。

まだ観られてない方は、ネタバレありなので注意してくださいね。

スポンサーリンク
 

キャスト紹介

               出典:公式

  • 藍野真伍 山崎育三郎
  • シスターエリザベス(猪田花子) 高梨臨
  • 都築賢一郎 鹿賀丈史
  • 土師野郁江 前田美波里
  • 真壁男夢 中尾暢樹
  • 橘シャーロット麻理子 山賀琴子
  • 金城麗美(2話では出演予定なし) 中村アン

2話ゲストキャスト 

 自宅で託児所経営する有希 釈由美子

● 不動産屋で働くイケメンサラリーマン 柏原収史

出典:Twitter

2話 運命の人はストーカー!?

大まかなあらすじ

今回の相談者は、自宅マンションで託児所を経営する有希 (釈由美子)

有希は、ずっとストーカー被害になやまされてました。

そんな有希の結婚相手に求めた条件は

  1. 近隣在住
  2. 年収400万以上
  3. 私を守ってくれること の3つを提示

藍野所長は、相談者である有希を心配し、安全にお見合いが出来るようにと、シスターエリザベスに見守るよう指示した。

さらに相談所の真壁(中尾暢樹) と 麻理子(山賀琴子)に、近所のアパートから有希のマンションを監視させ、怪しい人物を探るよう指示したところ、数名のストーカー容疑者が浮かび上がった。

一方、藍野は奥崎という男性を有希に紹介するが、その男性というのは、有希が託児所をはじめる時に物件の世話をした不動産会社の人で、有希と面識がある人物だった。

パソコンを使ってのお見合いがスタートし、いい雰囲気になる。

そんな中、真壁らからマンションの周りをウロつく容疑者として奥崎があがり、このお見合いは破談になるかと思われた。

そこへ、有希のマンションの隣人である老夫婦が、有希にストーカー行為にみせかけた嫌がらせをしてた犯人だということを藍野がつきとめたのだ。

こうして一度はダメになりかけた奥崎と有希はハッピーエンド、結ばれました!

スポンサーリンク

2話の見どころ、思わず笑ってしまったシーン

1話に続き、藍野所長が公園で人目もはばからずニタニタと歌い踊りながらのスタート ( ← まただww..) こんな人いたらガン見されるでしょうね

1話よりより色濃く、各々の個性を強く出してきたな

真壁はゆとり世代?らしく演じ、熱さがないのよねw

麻理子は有希が相談所に訪れた際にお茶を持ってくるのだが、けだるそうに持ってきたかと思いきや、カップが割れるのではなかろうか?と思うほど、お茶を乱暴に置くシーンがあったんですよね

これ、帰国子女の私がすること?みたいにもうつりました。ww

エリザベスは、ミーハー感に磨きをかけ、イケメンに目がなくなる様をよりオーバーに演じてました。

神に仕える身、純潔なイメージであるシスターとはかけ離れた私服姿、白のショートパンツが眩しかったです。少し驚いた。ww

これこそ世の男性諸君がギャップ萌えする瞬間なんだろうなと。。

そして藍野所長は、表情がほんと面白かったです。

奇妙で可愛らしく、おかしな行動に磨きがかかってましたよ?ww

相談所の規約で結婚するまでは会ってはいけないことになってたのに、有希と奥崎が会って話をしていたんです。

そこに藍野所長がやってきて、歌を歌いながら2人の周りをクルクルとまわり、最後に全力疾走で立ち去ったシーンがあったのですが、全力でおかしな人?を演じられてるようにも見えて、この全力感がほんと笑えた。www

これも普段の育三郎の姿からしたら、ギャップ萌えかも?

最後に藍野とエリザベス、成約した2人(有希、奥崎)とで踊るシーンがあったんだけど、

これ、毎回もってくるよね?きっと、、ww

来週の3話予告、美波里と育三郎の歌ハモリシーンが見えたので、今からワクワクしてます。^^

楽しかったのであとで2話をもう一度観たいと思います。^^

スポンサーリンク