出典:公式

テレビ朝日 金曜ナイトドラマ 

金曜 PM11:15~AM0:15( 8/11   30分遅れの 11:45~ ) 

関西での放送 8月11日3話 AM0:54~

藍野真伍 山崎育三郎
シスターエリザベス(猪田花子) 高梨臨
都築賢一郎 鹿賀丈史
土師野郁江 前田美波里
真壁男夢 中尾暢樹
橘シャーロット麻理子 山賀琴子
金城麗美(4話から出演予定) 中村アン

3話ゲストキャスト 

● 昔アイドルとして活躍してた女優 小津祥子 : 内山理名

今現在、33歳の内山理名さん、↓ こんな格好しても違和感ないことに驚きです。

童話の世界のガリバーが着そうな服とミニスカートにポニーテールが超絶似合うではないか!!

出典:Twitter

● 外資系コンサルティング会社員の 奈良一雄役 金井勇太(かないゆうた) 

                   出典:google

実は、金井勇太さんのお父様は、↓ 味のある役者の甲本雅裕さんです。似てますねぇ。。^^

                                                    出典:google

スポンサーリンク

3話の大まかなあらすじ

元アイドルで現在は毒舌をウリにしている女優、小津祥子(内山理名)は、実生活では数年前に離婚している。

離婚した元夫からモラハラで訴えられ、行く先々でパパラッチに囲まれようになり、強気な彼女も辛い状況に追い込まれていった。

わけあって(このわけというのはドラマ観た方がいい!!)、そんな祥子に藍野所長(山崎育三郎)は、入会金無料で再婚相手を探すというのだ。

再婚する気のない祥子にくいさがる藍野。

そこまでいうならと、ゲーム感覚で祥子は依頼することになった。

祥子の再婚相手に望む条件とは?

アイドルだったことがある過去を知らない人。

はたして、ぶっとぴ毒舌女優の条件をクリアし、藍野は決めゼリフを言うことができるのか?

決めゼリフを言うことできるのか! てか、

いやいや、言わなきゃドラマが成り立たないよね。

今回も、隅々まで見届けたいと思います。

スポンサーリンク

3話は山崎育三郎と高梨臨の副音声企画があるらしい!!

8月11日(金)放送の第3話は、ドラマを見ながら育三郎と、高梨のトークが楽しめるらしいです!! (@_@)

なんでも、みんなでワイワイ言いながらみるとより楽しめる作品だということで、放送に先立ち山崎と高梨は3話を見ながら、ツッコミを入れたり、撮影にまつわるエピソードを披露してくれるのだとか。

出典:Twitter

山崎は、「 ツッコミどころ、みどころが満載ですね」と実感。

高梨は自ら演じるシスター・エリザベスを見て「本当に騒がしい女だなと思いました(笑)」と視聴者目線での感想を語ってくれました。

山崎いわく「3話は1、2話とまったく雰囲気が違って、今までにない泣けるシーンもあって素敵でした。

高梨も「3話はミステリーだけでなく、感動する部分もあります。藍野さんが心を動かす、というシーンも初めてなので、そこもみどころですねとアピールしてくれました。

引用: 朝日放送公式

言葉を選ばずに言わせてもらうと、至れり尽くせりとはこのことだ。

ハードスケジュールな上にここまでしてくれるって、心に愛をもってないとなかなかできないだろうな。。なんて思います。

ドラマに対する熱い想いがつたわってきますよねぇ。^^

楽しみ!

3話を観る前のひとり言

2話放送の釈由美子さんにしても、3話放送の内山理名さんにしても、なんでこんなに若く見えるのかなぁと思ってたら、お二人とも頬の位置が高いんですよね。

内山理名さんは33歳ということで、まだまだ若い。

でも、釈由美子さんはアラフォーだっけ。

どれだけの努力をして、あの小顔と頬の高さをキープしてるんだろうか?

一度のぞいてみたいと本気で思ったのだ。

3話のドラマの見どころと感想

あい婚の出演者いわく、「 3話では、いつになく泣けるシーンがあるところが見どころです。」とのことでしたが、そうですね、1話、2話とはまた違うパターンでしたね。

そお感じたのは、小津祥子演じる内山理名さんの存在感ありきです。

他の役者の演技を邪魔することなく溶け込み、なおかつ存在感を出せる女優さんなんだなあと思わされました。

遊園地で小津祥子(内山理名)が幼少期の辛い経験を話すシーンでは、mujikaもテレビの前でシスターエリザベス(高梨臨)と一緒に少しうるっとなりました!

出典:Twitter

と書きたいところなんですが、

あるシーンが頭から離れなくてね ww

そのシーンとは、ドラマ開始の冒頭付近で、土師野郁江(前田美波里)と藍野所長(山崎育三郎)がお茶を入れるシーンがあったんです。

そこで2人が歌をハモリながら踊るという、まるでミュージカルのワンシーンような一幕があったんです。

その藍野所長土師野郁江(前田美波里)のシーンが強烈で頭から離れなくなってしまいました。ww

もうね、前田美波里さんの声質、歌声、存在感すべてが強烈でして、ずっと目で追いたくなるような面白さがある方なんですよね。

同じことを思われてる方をTwitterで見つけたのでお借りしました。^^ ↓

出典:Twitter

ほんと、かなり笑かせて頂きました。

以上のことから、コミカルタッチな要素が強いドラマなので、一緒に泣ける!まではさすがにいきませんでしたが、これまた違う雰囲気の内容に単純に楽しめたといったところでしょうか。^^

4話では、いよいよ謎の美女金城麗美役の中村アンさんが登場ですね。

来週も待ち遠しいですね。^^

スポンサーリンク